Written in Japanese(UTF-8)
2014.11.2
Ayacy's HP


/葦葉製作所/トップ/小説目次

神緒のべるず 第4話 温泉探偵 -1-



前へ / 目次へ

私と妹の里桜が、買い物から帰ってきた。

「ただいま戻りました〜」

そう言いながら、妹の里桜が探偵事務所のドアを開けて中に入る。

私も続けて中に入ろうとすると、里桜がいきなり飛び出してきた。

「ね、ね、ね、姉さん!姉さん! ついに光大朗さんにも春が訪れたよ!」
「どうしたのよ、一体?」

私がドアの中に入ると、事務所の奥にある応接用のソファーに和服の綺麗な女の人が座っていて、所長の光大朗さんと歓談していた。

「あの方は、普通にお客様でしょう」
「で、でも、あんなに仲良くお話ししているし…。ただのお客さんじゃないよ。絶対!」
「わかったわ。さりげなく、様子を探ってみましょう」

私は光大朗さんに

「お茶を取り替えますね」

と言いながら近づき、和服の女性にご挨拶をする。
和服の女性は軽くこちらに会釈をする。なんとなく美しい身のこなしだ。
ただ者ではない気はする。

和服の女性と光大朗さんの会話は、どちらかというと、仕事の話というよりは談笑といった感じで、「あの人は最近どうですか?」とか「最近腰が痛くて…」みたいな話をしているようだ。

2人分のお茶を取り替えて下がろうとすると、光大朗さんに呼び止められた。

「明日香、ちょっと話があるから、ここに座ってくれ。
 里桜も、そこに座ってくれ」

光大朗さんの指示で、私は光大朗さんの隣に、里桜は和服の女性の隣に座らされる。
一体、何の話があるのだろう。

「実は、仕事の話についてだ。今回のクライアントは、こちら……節子(せつこ)さんだ。
 節子さんは、うちを懇意にしてくれているクライアントが、よくお世話になる温泉旅館の女将さんでね。
 俺もたまにその旅館には行くので、すでに知った仲なんだが、今日は節子さんが依頼人として来てくれたわけだ」

なるほど。それで、さっきの談笑みたいな会話になるわけだ。
そこで、節子さんと紹介された和服の女性が口を開く。

「それじゃあ、仕事の内容については、私の方からさせていただきますね。
 私は、山奥で小さな温泉宿『ききょうの宿』を経営しております、節子と申します。」

私たちと節子さんで、軽い自己紹介を済ませると、いよいよ仕事の内容に入る。
どうやら、節子さんの経営する温泉宿に、最近、新しい従業員が入ってきたのだそうだ。年は40代くらい。その従業員は非常によく働き、休日もあまり遊びに出ることがなく真面目なのだが、どうも過去の経歴をかたくなに隠しているのだという。
その過去の経歴を探って欲しいというものだ。

「謝礼といたしまして、当旅館へ4泊5日の無料ご宿泊のご招待をさせていただきます。
 もちろん、料理は、当旅館で一番の海の幸・山の幸の特別コースをお付けいたしますわ」

この寒い季節にタダで温泉に入れて、料理も豪華だなんて、なんてすばらしい報酬なのかしら。

「というわけだ。俺と、お前ら2人の、合わせて3人で、温泉宿に5日間宿泊をさせてもらう。
 その間に、その謎の従業員の過去を探りだそうというわけだ。いい話だろ?」

というわけで、私たち3人は早速、その温泉宿へ向かうことになった。



「うわ、寒ぅぅぅぅ〜〜〜〜」

里桜が叫ぶ。

温泉宿に到着すると、辺り一面が真っ白な雪景色だった。
寒いときに温泉に入るのは大好きだが、温泉に入るまでが嫌いだ。

まずはこれから5日間、宿泊する部屋に案内してもらう。畳張りの和室で、雰囲気が落ち着いていて良い。
壁の染みまでもが、良い雰囲気を演出しているようだ。

「じゃ、さっそく温泉に行きましょうか。」

私がそう言うと、光大朗さんも

「そうだな。実際にその従業員に接触するのも、温泉の後だ」

と賛成してくれ、3人で温泉へ行くことになった。
ちなみにもちろん、混浴ではない。



私と里桜はすばやく体を洗い終えると、さっそくお湯に浸かる。
ふぅ〜気持ちいい。

「そういえば、里桜と一緒にお風呂に入るなんて、久しぶりね」
神緒のべるず 第4話 温泉探偵 挿絵
そう言いながら、私が里桜の方を振り返ろうとすると、里桜がいきなり後ろからガバッと襲いかかってきた。
私は思わず

「きゃあ!何するのよ!離しなさいっ!」

と叫ぶ。すると里桜は、

「こらこら姉さん、あばれな〜い、あばれな〜い。身体検査ぁ〜」

そう言うと、あろうことか、私の胸を揉み出した。

「ふむふむ。なんだか前より大きくなっているね。もしかして、恋でもしているんじゃない?」

お、お、お、おいおいおい。私は真っ赤になって

「んなわきゃないでしょ!っていうか早く離しなさいっ!離せぇ〜っ!」

と叫ぶ。すると、ようやく里桜は手を離した。

「ふーん、残念」

里桜はそういうと、しかしニヤニヤしながら去っていった。


次へ / 目次へ

※このサイトは、着ぐるみ小説サイト「神緒のべるず」および、葦葉製作所頒布の小説「神緒のべるず 第1巻」、「神緒のべるず 第2巻(PDF版)」、Yuzu R.さんの再録本掲載の小説をWeb用に再編集したものとなります。一部は書き下ろしです。


関連サイト: 巫女ブラスター2 巫女ブラスター

葦葉製作所/トップ/小説目次