Written in Japanese(UTF-8)
2012.6.17
Ayacy's HP


/葦葉製作所/トップ/小説目次

神緒のべるず 第8話 おるる☆すくらんぶる -1-



前へ / 目次へ

「それじゃあ、おるるさんは、過去の時代から、その首飾りについた赤い石を通して、楓の体を操っているってことなんですか?」

巴が、これまでの会話を分析して、判明した結果をまとめてみた。

「そういうことになるのう。この時代の言葉で、どう表したらよいのか…困っていたのだが…、お主は賢い」

楓——に憑依したおるるが巴を褒めた。つまり、要約すると、こういうことになる。

おるるは、私たちが、武具の修理のために過去に遡ったときに聞かされた話———自分に似た少女が、未来に存在していると言われたこと———でひらめいて、一つの実験を試みたのだという。
それは、楓の体に憑依する形で、私たちの時代にやってくるというもの。

おるるの予想通り、楓の体は、おるるの心とのシンクロ率が非常に高いらしく、比較的容易にシンクロすることができた。
ただ、おるるの期待に反して、赤い石がしばらくの間、放置されてしまった。そのため、放置された分だけ石の力が弱まり、シンクロするのに時間を要してしまったのだとか。

そこまで聞くと、睦は、

「それで、楓自身は無事なんでしょうね?」

といぶかしげな表情をしながら聞く。やはり、楓ちゃんの身が心配なようだ。
それを聞いた楓——に憑依したおるる(うーん、面倒くさい。以下、「おるる」と表記)は、

「それならば問題ない。わらわの意志一つで、楓の心は戻ってこようぞ。
 ただ、わらわがこの娘に完全に憑依するには、もう少しこの石が娘のそばにある必要がある。完全に憑依できれば、あとはこの石がなくとも、自由にこの娘に憑依することができるようになる」

と、誇らしげに語った。
憑依だなんて、なんだか物騒な感じがする。睦も同じことを思ったようで、うなずきつつも、何か考えているようだ。おそらく、楓から石を遠ざける手立てを考えているのだろう。

すると、おるるがこんなことを言い出した。

「ところで…、お主らが江戸の街を見物したように、わらわもこの世の中を見物してみたい。
 ただ、その前に、この時代がわらわの居た時代からどう変わってきたのか、聞いてみたいのじゃが…よいかの?」

それを聞いた睦は、

「いいわよ」

と返事をする。ただ、

「でも…、歴史はあんまり得意ではなかったのよね…。
 そうだ、巴。ちょっと、学校の歴史の教科書かなんか、取ってきてよ」

と言った。すると、巴は、

「江戸時代以降の歴史なら、教科書がなくても、だいたいわかるよ」

と言い、江戸時代から現代までの歴史の要約を、わかりやすく、おるるに説明した。
さすが優等生。

それを聞いたおるるは「なるほど」とうなずき、

「それならばなおさら、現代の世の中がどうなっているのか、気になってきた。早く見物させてくれ」

とウズウズしながら言った。睦はちょっと思案した後、

「それじゃあ、まさに現代を象徴するお店に連れて行ってあげましょう」

とニヤニヤしながら答えた。そして、

「外に出て待っててね。ちょっと準備してから行くから」

と言い残し、家の奥へ入っていった。巴は、

「それじゃあ、外へ出て待っていましょうか」

と、おるるを外へ案内し、私も一緒に外へ出て、睦の準備を待つことにした。

次へ / 目次へ

※このサイトは、着ぐるみ小説サイト「神緒のべるず」および、葦葉製作所頒布の小説「神緒のべるず 第1巻」、「神緒のべるず 第2巻(PDF版)」、Yuzu R.さんの再録本掲載の小説をWeb用に再編集したものとなります。一部は書き下ろしです。


関連サイト: 巫女ブラスター2 巫女ブラスター

葦葉製作所/トップ/小説目次