Written in Japanese(UTF-8)
2016.10.22
Ayacy's HP


/葦葉製作所/トップ/小説目次

神緒のべるず 第17話 プリンセスの休日 -5-



前へ / 目次へ

後日談。
実は、ハロゲルダの大臣は、ひっそりと、国を乗っ取るクーデターを計画していたのだそうだ。
で、国王と共に行動していた影武者の王女は、実は大臣の娘。
このまま、本物のエリカ王女が失踪すれば、成り行きで、大臣の娘がそのまま、国王の娘として振る舞い続けられるのではないかと目論んでいたらしい。

なぜ、光大朗のところに話が来たのかというと、なんとなく警護が失敗しそうな顔だったかららしい。まさか、別の人に警護の任を放り投げるとは思いもしなかったようだ。

残念ながら、大臣の目論見は失敗し、逮捕された。大臣の娘も追放された。

本物のエリカ王女は、自身が命を狙われていたことを認識し、ちょっとだけ素直に、王女らしく振る舞えるようになったとか、ならないとか…。


- おしまい -



次へ / 目次へ

※このサイトは、着ぐるみ小説サイト「神緒のべるず」および、葦葉製作所頒布の小説「神緒のべるず 第1巻」、「神緒のべるず 第2巻(PDF版)」、Yuzu R.さんの再録本掲載の小説をWeb用に再編集したものとなります。一部は書き下ろしです。


関連サイト: 巫女ブラスター2 巫女ブラスター

葦葉製作所/トップ/小説目次