Written in Japanese(UTF-8)
2012.6.17
Ayacy's HP


/葦葉製作所/トップ/小説目次

神緒のべるず 第5話 航時見聞録 -5-



前へ / 目次へ
私と睦は、おるると最初に出会った道場へ戻った。
道場へ戻る途中に聞いた話では、私たちがこの時代に来ようが来まいが、元々、あの屋敷には踏み込む予定だったのだという。なので、明日香がどんなに暴れても構わなかったというわけだ。

「どうじゃ? 江戸時代の町はどうであった?」

笑いながらのおるるにそう聞かれ、私は疲れた表情で答える。

「なんていうか。疲れたわ…」
「私も。ここでじっとしていればよかったわ」

睦も疲れた表情で答える。

「そうかそうか、満喫できたようで何よりじゃ」

そういうと、おるるは奥の部屋から修理済みの武具を持ってきた。

「ほれ。なおったぞ。250年も経ってから無理に使うものだから、だいぶ中がひどいことになっておったぞ。
 とりあえず制限時間を越えて使わないこと。それを守って使うことじゃ」
「す、すみません」

睦が謝る。私たちの時代の時間で言うところの「3分制限」ってのがあったってことは聞いていたけど、最近はそれを無視して使うことが多かったようで。

「ところで、実はこれの修理はすぐに終わったんじゃがな。
 おぬしらがなかなか帰ってこなかったから、こんなものを作ってみたんじゃ」

そういうと、おるるは赤い玉のついた首飾りを取り出す。

「これを、わらわと似ているという者の首に掛けてやってほしい。
 それを以て、今回の修理代ということにしてやろうぞ」

睦はそれを受け取ると、軽く会釈する。

「それじゃあ、私たちは帰りましょうか」
私がそういうと、おるるが黄色い札を睦に渡す。

「たっしゃでな」
「ええ、色々ありがとう。」

おるるがその場から離れる。
私が睦に寄り添い、睦が呪文を唱える。

周囲が光に包まる。
光が収まると、私たちは元の神社の境内にいた。
時間は…午前中のようだ。つまり、私たちがタイムスリップする直後の時間に戻っている。

「それじゃあ、一休みしようかね」
と睦が言った。

あっちではもう夜だったのに、こっちでは午前中だ。
時差ボケと呼んで良いのかどうかはわからないけど、とにかく眠い。

「それじゃあ、また今度ね〜」
私はあくびをしながら事務所に帰る。

睦もそのまま母屋に帰っていった。
…楓ちゃんに首飾りを渡すことなんかすっかり忘れて…。



-おしまい-

次へ / 目次へ

※このサイトは、着ぐるみ小説サイト「神緒のべるず」および、葦葉製作所頒布の小説「神緒のべるず 第1巻」、「神緒のべるず 第2巻(PDF版)」、Yuzu R.さんの再録本掲載の小説をWeb用に再編集したものとなります。一部は書き下ろしです。


関連サイト: 巫女ブラスター2 巫女ブラスター

葦葉製作所/トップ/小説目次