Written in Japanese(UTF-8)
2012.6.17
Ayacy's HP


/葦葉製作所/トップ/小説目次

神緒のべるず 第7話 お姉ちゃんの誕生日 -3-



前へ / 目次へ
「へ? 誕生日プレゼント?」

里桜に事情を説明し、助言を求めてみる。

「そうねぇ〜。あたしだったら、無難に、花束とか、あと手作りクッキーとか。
 睦さんだったら、手作りクッキーの方が喜びそうかな。材料なら、たしか、うちに残っていたはずだし…」

そういうと、冷蔵庫から無塩バターを取り出す。棚に薄力粉も入っていた。
なんとかなりそうだ。

「とりあえず、バターは外に出しておくから。それじゃ」

そういうと、里桜は再び外出していった。何か外で用事があるようだ。
私は楓ちゃんに聞いてみる。

「手作りクッキーもいいわね。どうかしら?」
「うん、そうしよう。クッキーならお姉ちゃんも絶対喜ぶ!」
「それじゃあ、バターが良い温度になるまで、ちょっと待ってから、一緒にクッキーを作りましょうか」
「はぁ〜い!」

それを聞くと、とりあえずバターを溶かすためのお湯の準備に取りかかる。
そういえば、私がクッキー作りをするのって、久しぶりだなぁ。



「できたー!」

事務所内に、楓ちゃんの喜びの声が響き渡る。
途中、楓ちゃんは、材料を加えすぎたり、かき混ぜすぎたり…アクシデントがなかったわけではないが、なんとか完成させた。
1個、つまんで、味見をしてみる。味は問題なさそうだ。

楓ちゃんも、1個つまんで、味見をしている。すると、うれしそうな表情で、

「うわぁ、すごい。明日香さん、ありがとう!」

と言った。
私は「どういたしまして」と言いながら、完成したクッキーを袋に入れると、それを楓ちゃんに渡す。

「それじゃあ、睦の誕生日プレゼントね。自分で食べちゃ、ダメだからね」
「はぁ〜い!」

楓ちゃんはクッキーの袋をカバンに入れると、クッキーが割れないように、そーっとカバンを閉める。そして、楓ちゃんは

「明日、かえでが学校から帰ってきたら、これをお姉ちゃんに渡すんだ。
 それまで、バレないように、どっかにしまっておかなきゃ」

そういうと、姉にプレゼントを渡したときの反応を想像してか、なんだかワクワクしているようだ。

「気をつけて帰るのよ。それじゃあね」
「はぁ〜い!」



次へ / 目次へ

※このサイトは、着ぐるみ小説サイト「神緒のべるず」および、葦葉製作所頒布の小説「神緒のべるず 第1巻」、「神緒のべるず 第2巻(PDF版)」、Yuzu R.さんの再録本掲載の小説をWeb用に再編集したものとなります。一部は書き下ろしです。


関連サイト: 巫女ブラスター2 巫女ブラスター

葦葉製作所/トップ/小説目次